雨漏り修理で家が長持ち~調査費用を安く済ませるコツ~

ファミリー層を襲う雨漏り【家を守る雨漏り修理業者の存在】

築10年目は屋根や外壁の塗装が劣化する時期

住宅の劣化が進むと、雨漏り被害の原因となってしまいます。特に、築10年前後経過している住宅では、構造的な理由で外壁や屋根にひび割れが発生する、傷みが目立ち始めるといった症状が現れ、この劣化個所から雨水が浸入してしまうのです。雨漏りを食い止めるためには雨漏り修理を迅速に行なう必要があります。雨漏り修理の方法は外壁塗装や防水加工など様々ありますが、より効果的な雨漏り修理をするためには事前の現地調査が重要になります。

雨漏り修理は原因の特定からスタート

雨漏りの家

雨漏り修理を依頼する前に、まずはセルフチェックをすると良いですが、そのためには雨漏りが起こる原因について知っておく必要があります。主に直接的な原因と間接的な原因の2つがあるので、まずは確認してみましょう。

直接的な原因

  • ・ スレートの浮き
  • ・ スレートのひび割れ
  • ・ 棟板金の浮き
  • ・ 漆喰の崩れ
  • ・ コーキング材の剥がれ
  • ・ 雨仕舞の不備

間接的な原因

台風や強風
雨漏り修理が必要になるスレートの浮きやひび割れなどは、台風や強風といった自然現象が原因となって発生します。一度で崩れることはありませんが、10年以上被害が蓄積されることによって、徐々に劣化へと繋がっていくのです。
経年劣化
住宅の外壁や屋根は、時間の経過と共に劣化するのが一般的です。定期的にメンテナンスをすれば良いのですが、できていない場合は屋根材が錆びる、塗装が剥がれるなどして雨漏りを発生させる原因となってしまいます。
地震
地震によって屋根材がずれる、コーキングが剥がれるといった症状が現れる場合があり、これも雨漏りの原因となり得ます。特に瓦屋根などの場合、迅速に雨漏り修理をしないとずれた瓦が落下する恐れもあるので注意が必要です。
施工不良
築10年以上経過している住宅ではなく、新築時に雨漏りが発生しているのなら、経年劣化や自然災害ではなく施工不良の可能性があります。この場合は、住宅を購入した業者に連絡すれば、無料で雨漏り修理をしてもらえます。

雨漏りが発生する原因には自然災害や経年劣化などがありますが、自分の目で確認することで早期発見が可能となります。また、原因の特定にも繋がるので、雨漏り修理を考えているのなら一度セルフチェックをしてみましょう。

雨漏り修理業者の調査の重要性を理解する

女性の業者

雨漏り修理では、雨水の浸入経路の特定が重要となります。まずは、雨漏り修理業者の赤裸々な意見を聞いてみましょう。

プロによる調査の重要性について(30代/男性)

私たちが雨漏り修理をする際、最も重要視しているのが雨漏り調査です。雨水が浸入している箇所を調べないことには適切な対処ができないわけですから、当然時間をかけて行ないます。雨漏り修理や調査を依頼するお客様にはご心配をおかけしてしまいますが、この調査によって正しい修理ができるので、費用や手間を省きたいからと妥協しないでほしい点でもあります。それに、無料での簡単な雨漏り調査も行なっているのでお客様への負担は軽くなってきていますよ。

TOPボタン