本当に雨漏り修理が必要?~現状把握のポイント~

ファミリー層を襲う雨漏り【家を守る雨漏り修理業者の存在】

セルフチェックで雨漏り調査を確認する

男性作業員

本格的な雨漏り調査を依頼する場合、ある程度の料金が発生します。確実に雨漏り修理をするためにはしっかりとした調査を行なった方が良いのですが、なるべく修理費用を軽減させたいのならセルフチェックをしても良いでしょう。

外壁や屋根のセルフチェックの目安

住宅の材質や周囲の環境によって、外壁や屋根が傷む時期というのはばらつきがあります。しかし、セルフチェックを行なえば、周囲の家と外壁の色が違う、屋根材が割れているなどといった症状を客観的に知ることが出来るのです。また、変化に気づくことができれば、雨漏り修理を依頼した方が良いのかどうかという判断もつきやすくなります。

屋根の種類によるセルフチェック

瓦屋根
瓦屋根は揺れに弱いという性質があるため、地震などでズレや浮きといった症状が起きやすい傾向があります。
スレート屋根
屋根がスレート材である場合、浮きや割れ、棟板金の剥がれにも注意が必要です。また、塗装が剥がれると苔が発生します。
金属屋根
金属屋根はスレート屋根同様に剥がれや浮きが起こりますが、防水効果が薄れると錆びといった症状も現れます。

室内でできるセルフチェック

見た目
天井や壁に濡れたような跡がある、シミが出来ているといった症状が現れます。さらに、カビが生える場合もあります。
臭い
雨漏りが原因でカビが発生している場合、室内がかび臭くなることがあります。おかしい臭いを感じたら雨漏りを疑いましょう。
雨水が落ちる音がするなら、雨漏り被害に遭っている可能性が高いです。場合によっては床がきしむ音がすることもあります。

まとめ

雨漏り修理の前に出来るセルフチェックのポイントとして、屋根材の種類別の劣化状況、さらに室内で確認できる被害状況を紹介しましたが、いずれも簡易的な確認方法です。より詳しい結果が知りたいのなら業者に調査を依頼しましょう。

TOPボタン