雨漏り修理業者の技術力【精度の高い調査の全貌】

ファミリー層を襲う雨漏り【家を守る雨漏り修理業者の存在】

業者が行なう雨漏り調査の種類

家と傘

セルフチェックの項目に当てはまるのなら、雨漏り修理をした方がいいでしょう。ここでは、プロが行なう調査方法を紹介します。

目視による調査
屋根に登る、屋根裏に入るなどして雨漏りの被害状況を確認していきます。この調査では主に専門スタッフの目によって調査が進められます。
散水調査
雨水の浸入経路が分かった後に行われる調査で、ホースを使って住宅に水を撒くことで原因を特定していきます。
発光液調査
紫外線を当てると発光する特殊な液体を雨水の浸入箇所に流し込みながら、雨漏りの発生原因を調べていきます。
赤外線カメラ調査
雨水が浸入した箇所と室内の温度差を利用して、原因を特定する調査です。赤外線カメラを使用するので精度が高くなっています。

雨漏り調査にかかる費用を把握する

雨漏り修理を依頼したいけれど、費用の面で不安が残るのなら、調査別の費用について業者の意見を聞いてみましょう。

職人になると精度の高い調査が可能(40代/男性)

経験豊富な雨漏り修理業者はいくつもの現場を見てきているので、目視による調査だけでも十分な結果が得られます。それに、基本的には調査費用は無料なので、初めて依頼する人にとっては敷居が低い調査方法だと思いますよ。

水を撒き雨漏り箇所を調べる(50代/男性)

散水調査は水を撒くことで雨漏りの原因と特定していきます。初めての人は費用が発生すると思っているはずですが、実はこの調査方法で使用するホースや水はお客様からの自宅から引っ張るため、原則として費用は頂きません。

発光塗料で雨水の侵入経路を調査 (60代/男性)

特殊な液体を使って雨漏り調査を行なう方法ですが、費用は100,000円から150,000円が相場となっています。業者ごとに設定されている費用に差があるので、調査の前に確認した方が良いですよ。ちなみに、液体は無害なのでご安心ください。

特殊機械を使用した調査(40代/男性)

温度差を計測できる機械を使用するため、雨漏り調査の中でも特に精度が高い方法です。発光塗料による調査と同じく、業者によって費用に開きがあるのですが、一般的な相場は180,000円から200,000円とやや高く設定しています。

TOPボタン